言語設定を日本語(UTF-8)化

vi(vim)エディタで、日本語(UTF-8)が使えるように変更する。

デフォルトの言語設定を確認

[root@www10000xx ~]# printenv | grep LANG
LANG=C

/etc/sysconfig/i18n 編集

[root@www10000xx ~]# vi /etc/sysconfig/i18n

--------------------------------------------------
##■ "C" を "ja_JP.UTF-8" に変更する
LANG="C"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"
  ##▼↓ 変更する
LANG="ja_JP.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"
--------------------------------------------------

##■ 上書き保存して編集終了
:wq
[root@www10000xx ~]#

再ログイン

  • exit コマンド で、ログアウトして、ログインし直す。

言語設定を再確認

[root@www10000xx ~]# printenv | grep LANG
LANG=ja_JP.UTF-8

ユーザーの追加設定

"admin" ユーザー作成

管理者用のユーザーとして、"admin" を作成する。

[root@www10000xx ~]# useradd -d /home/admin -m -G wheel admin

パスワード 設定

[root@www10000xx ~]# passwd admin
Changing password for user admin.
New UNIX password:               ##←★ admin のパスワード応答
Retype new UNIX password:        ##←★ admin のパスワード応答(確認)
passwd: all authentication tokens updated successfully.

SSH 設定 (セキュリティ強化)

  • ポート番号を 22 から 50001 へ変更する。
  • "root" ユーザーから直接ログインすることを禁止する。
  • "root" ユーザーに変身可能なユーザーを制限する。

su 可能なユーザを制限する

  • "root" ユーザー に変身可能なユーザーを "admin" に制限する。 ("wheel" グループに所属するユーザーのみに限定)

su 設定ファイルを編集

##■ 設定ファイルをバックアップ
[root@www10000xx ~]# cp -a /etc/pam.d/su /etc/pam.d/su.org
[root@www10000xx ~]#

##■ viエディタでファイル編集する
[root@www10000xx ~]# vi /etc/pam.d/su

--------------------------------------------------
#auth           required        pam_wheel.so use_uid
  ##▼ ↓ デフォルトではコメントアウトされている為、追記する
auth           required        pam_wheel.so use_uid
--------------------------------------------------

##■ 上書き保存して編集終了
:wq
[root@www10000xx ~]#

SSHD 設定変更

設定ファイル編集

##■ 設定ファイルをバックアップ
[root@www10000xx ~]# cp -a /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.org
[root@www10000xx ~]#

##■ viエディタでファイル編集する
[root@www10000xx ~]# vi /etc/ssh/sshd_config

--------------------------------------------------
##■ ポート番号を変更
#Port 22
  ##▼ ↓ デフォルトではコメントアウトされている為、追記する
Port 50001



##■ rootでのログインを禁止
#PermitRootLogin yes
  ##▼ ↓ デフォルトではコメントアウトされている為、追記する
PermitRootLogin no
--------------------------------------------------

##■ 上書き保存して編集終了
:wq
[root@www10000xx ~]#

SSHD 再起動

##■ 再起動 実行
[root@www10000xx ~]# service sshd restart
Stopping sshd:                                             [  OK  ]
Starting sshd:                                             [  OK  ]
[root@www10000xx ~]#

ユーザー作成時にドキュメントルートを自動作成

##■ ディレクトリ作成
[root@www10000xx ~]# mkdir /etc/skel/public_html

##■ ファイル作成
[root@www10000xx ~]# touch /etc/skel/public_html/index.html
[root@www10000xx ~]#

Perl パス追加

##■ パス 確認
[root@www10000xx ~]# which -a perl
/usr/bin/perl
[root@www10000xx ~]#

##■ シンボリックリンク 追加
[root@www10000xx ~]# ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl
[root@www10000xx ~]#

##■ パス 再確認
[root@www10000xx ~]# which -a perl
/usr/local/bin/perl
/usr/bin/perl
[root@www10000xx ~]#

yum update 除外

[yum update] コマンドで、yumによるパッケージ管理のアップデート対象から除外する。

##■ ファイルをバックアップ
[root@www10000xx ~]# cp -a /etc/yum.conf /etc/yum.conf.org

##■ viエディタでファイル編集する
[root@www10000xx ~]# vi /etc/yum.conf

--------------------------------------------------
##■ 最終行に追記する
exclude=httpd* mod_ssl* php* mysql* proftpd* postfix* dovecot* postgresql*
--------------------------------------------------

##■ 上書き保存して編集終了
:wq
[root@www10000xx ~]#

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-17 (木) 00:39:52 (1885d)