[ CentOS-7 ]

Chrony (時刻同期)

  • 時刻同期は、chrony で設定します。

chrony インストール

##■ "chrony" をダウンロードする
[root@localhost ~]# wget -P /root/setup/rpm/ ftp://ftp.riken.jp/pub/Linux/centos/7/os/x86_64/Packages/chrony-1.29.1-1.el7.centos.x86_64.rpm
[root@localhost ~]#

##■ "chrony" をインストールする
[root@localhost ~]# rpm -ihv /root/setup/rpm/chrony-*.rpm
[root@localhost ~]#

chrony 設定

##■ 設定ファイル バックアップ
[root@localhost ~]# cp -a /etc/chrony.conf /etc/chrony.conf.org
[root@localhost ~]#

##■ 設定ファイルを編集する
[root@localhost ~]# vi /etc/chrony.conf

--------------------------------------------------
##★ 接続先サーバーを変更する
server 0.centos.pool.ntp.org iburst
server 1.centos.pool.ntp.org iburst
server 2.centos.pool.ntp.org iburst
server 3.centos.pool.ntp.org iburst

  ## ↓ 上記を全てコメントアウトして、下記を追加して、変更する(参照するサーバーを変更)

server ntp.nict.jp iburst
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp iburst
--------------------------------------------------

##■ 保存して編集終了
:wq
[root@localhost ~]#

##■ chronyd 再起動
[root@localhost ~]# systemctl start chronyd.service
[root@localhost ~]#

chrony 動作確認

##■ 動作確認 (※ 先頭が ^* や ^+ になっていれば、同期されている)
[root@localhost ~]# chronyc sources
^* ntp-a2.nict.go.jp             1   6   377    43   -727us[-1311us] +/-   11ms
^- ntp1.jst.mfeed.ad.jp          2   6   377    42   -456us[ -456us] +/-   77ms
^- ntp2.jst.mfeed.ad.jp          2   6   377    42  +1538us[+1538us] +/-   82ms
^- ntp3.jst.mfeed.ad.jp          2   6   377    42   +183us[ +183us] +/-  124ms
[root@localhost ~]#

##■ 状態の確認
[root@localhost ~]# systemctl status chronyd.service
[root@localhost ~]#

##■ 現在の時刻を確認
[root@localhost ~]# date
[root@localhost ~]#
 

以上で、"Chrony" の作成は、完了です。


 

次は、"SSHD" を設定します。
[ CentOS-7 SSHD ]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-10 (火) 13:54:01 (892d)