[ [[ブログ CMS]] ]

* MTOS について [#a8735171]

Movable Type Open Source(MTOS)は、~
GPLライセンスとなっているので、無償で利用することが可能なCMS(ブログシステム)です。

- MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト
http://www.movabletype.jp/opensource/

** MTOS 動作環境 [#m77189c6]
- Perl バージョン 5.6.1 以上 (5.8.1 以上を強く推奨)
- データベース
-- MySQL 4.0 以降、バージョン5.0.x
-- PostgreSQL 8 以降
-- SQLite バージョン2 バージョン3
- Perl モジュール
-- CGI
-- Image::Size
-- File::Spec (バージョン0.8以上)
-- CGI::Cookie
- データベース用Perlモジュール(&color(red){どれか1つ必要};)
-- DBI (バージョン1.21以上)
-- DBD::mysql - MySQLを利用する場合
-- DBD::Pg (バージョン1.32以上) - PostgreSQL を利用する場合
-- DBD::SQLite - (SQLite バージョン3) を利用する場合
-- DBD::SQLite2 - (SQLite2 バージョン2) を利用する場合

- オプションで使うPerl モジュール(&color(red){任意};)
- HTML::Entities
- LWP::UserAgent
- SOAP::Lite (バージョン0.5以上)
- File::Temp
- Image::Magick
- Storable
- Crypt::DSA
- MIME::Base64
- XML::Atom
- Archive::Tar
- Archive::Zip
- IO::Compress::Gzip
- IO::Uncompress::Gunzip

- 詳細: http://www.movabletype.jp/documentation/system_requirements.html


* MTOS ダウンロード・解凍 [#qe4accac]
- MTOS ダウンロードページ: http://www.movabletype.jp/opensource/getting-the-source.html
- 以後、バージョンは作成時の最新版 MTOS-4.21 で説明する。

#ref(MTOS-download.gif)

- MTOS-4.21-ja.zip がダウンロードされる。
- ダウンロードした MTOS-4.21-ja.zip ファイルを解凍する。


* MTOS インストール [#w7805a9d]
データベースには、SQLite3(SQLite2でも良い) を使用する。~
SQLiteを使う理由は、データベース用の設定が不要で簡単だから。

Perl のSQLiteモジュール(DBD::SQLite)がインストールされていない場合は、インストールする。~
[[CentOS/Perlモジュール>CentOS/Perlモジュール#ne81eb1b]]

** ファイルをサーバへ設置 [#t29eb8ff]
- 解凍した ***.cgi ***.html 等のファイルやフォルダを動作させたいサーバへ設置(FTPアップロード)する。

- または、zipファイルをサーバへ設置してから、コマンド(Linux)を実行しても良い
#shjs(sh){{
$ unzip MTOS-4.21-ja.zip
$ mv ./MTOS-4.21-ja/* .  等でファイル移動させる。
}}

- SQLiteデータベースを格納するdbディレクトリを作成~
FTPで、dbディレクトリを作成すれば良い

** インストール開始 [#h0d90e6d]
ブラウザで、設置したアドレスにアクセスする。~
*** ログイン画面が表示され、8秒後に、ページ移動する。 [#gca77ac7]
#ref(MTOS-login.gif)

*** 各パスを確認して、[開始]ボタンを押下 [#qab50491]
#ref(MTOS-start.gif)

*** システムチェック [次へ]を押下 [#l7760456]
#ref(MTOS-SystemCheck.gif)
インストールに必要なPerlモジュールが不足している場合は、インストールが必要。
- オプション機能を使う場合は、不足しているPerlモジュールをインストールする。
#ref(MTOS-PerlOption.gif)

*** データベース設定 [#f4fe5399]
- SQLiteデータベース を選択して、データベースのパスを確認
- db ディレクトリを作成していない場合は、db ディレクトリを作成
- [接続テスト]ボタンを押下
#ref(MTOS-DB.gif)

*** データベース設定完了 [#f0b6893b]
[次へ]ボタンを押下
#ref(MTOS-DB-OK.gif)

*** メール設定 [#m50010e7]
- メール送信プログラムは、Linuxの場合 [Sendmail]で良い
- sendmailのパスは、[/usr/lib/sendmail] か [/usr/sbin/sendmail]
- テスト送信するメールアドレスに、自分の使っているメールアドレスを入力
- [テストメール送信]ボタンを押下
#ref(MTOS-Mail.gif)

*** メール設定完了 [#rd65311f]
- テストメールの受信を確認する
- [次へ]ボタンを押下
#ref(MTOS-Mail-OK.gif)

*** 構成ファイル 設定完了 [#j7b59ed2]
- 設定完了を確認
- [次へ]ボタンを押下
#ref(MTOS-Set-OK.gif)

*** アカウント作成 [#ca8bf0eb]
- 各項目に入力~
パスワード再設定用のフレーズは、パスワードを忘れた時に必要。日本語での入力可能
- [次へ]ボタンを押下
#ref(MTOS-Account.gif)

*** 最初のブログを作成 [#i99ac93c]
- 各項目を入力
- [インストール]ボタンを押下
#ref(MTOS-blog.gif)

*** インストール完了 [#g9d078df]
- インストール完了です
- [Movable Type にサインイン]で、Movable Type のダッシュボードの画面になります
#ref(MTOS-finish.gif)

- 管理ページのURIは、http://設置したパス/mt.cgi
- 以下のファイルは、インストール後、削除可能です(削除推奨)。
-- mt-check.cgi
-- mt-wizard.cgi
-- mt-testbg.cgi
-- mt-upgrade.cgi

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS