このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

CentOS-7.1/ネットワーク


[ CentOS-7.1 ]

CentOS-7.1 ネットワーク 設定

ログイン

  • ユーザー名とパスワードを入力して、ログインする。
    インストールしたマシンのディスプレイからログインする。
    (ネットワークの設定が完了していなければ、SSHクライアントからの接続は不可能な為)

  1. localhost login: 【ユーザー名】 を入力して、[Enter]キーを押す。
  2. Password: 【パスワード】 を入力して、[Enter]キーを押す。

  3. ログインに成功


物理マシン でのネットワーク設定

※ 構築する環境によってファイル名が違う可能性があります。
  • 私が構築した物理マシン環境のファイル名
    • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp3s0
  • 私が構築した仮想マシン(VirtualBox)環境のファイル名
    • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3
[ "VirtualBox" で、ネットワークを設定する場合はこちらの方法 ]

ifcfg-enp3s0 編集


##■ 設定ファイルをバックアップ
[root@localhost ~]# cp -a /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp3s0 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp3s0.org
[root@localhost ~]#

##■ 設定ファイルを編集する
[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp3s0

--------------------------------------------------
##■ DHCPを無視する
BOOTPROTO=dhcp
  ## ↓ 変更する
BOOTPROTO=static


##■ IPV6を使用しない
IPV6INIT=yes
  ## ↓ 変更する
IPV6INIT=no


##■ 起動時にNICを有効化
ONBOOT=no
  ## ↓ 変更する
ONBOOT=yes


##■ IPアドレスを追記する (環境によって適宜、調整する)
IPADDR=192.168.11.100


##■ サブネットマスクを追記する (※ CentOS6 からは PREFIX が推奨されている)
PREFIX=24
--------------------------------------------------

##■ 保存して編集終了
:wq
[root@localhost ~]#

VirtualBox でネットワーク設定

※ VirtualBox からの構築で、下記の ifcfg-enp0s3 と ifcfg-enp0s8 が存在する場合の設定です。
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3
  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8

[ "物理マシン" で、ネットワークを設定する場合はこちらの方法 ]

ifcfg-enp0s3 編集


##■ 設定ファイルをバックアップ
[root@localhost ~]# cp -a /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3.org
[root@localhost ~]#

##■ 設定ファイルを編集する
[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3

--------------------------------------------------
##■ IPV6を使用しない
IPV6INIT=yes
  ## ↓ 変更する
IPV6INIT=no


##■ 起動時にNICを有効化
ONBOOT=no
  ## ↓ 変更する
ONBOOT=yes
--------------------------------------------------

##■ 保存して編集終了
:wq
[root@localhost ~]#

ifcfg-enp0s8 編集


##■ 設定ファイルをバックアップ
[root@localhost ~]# cp -a /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8.org
[root@localhost ~]#

##■ 設定ファイルを編集する
[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s8

--------------------------------------------------
##■ DHCPを無視する
BOOTPROTO=dhcp
  ## ↓ 変更する
BOOTPROTO=static


##■ IPV6を使用しない
IPV6INIT=yes
  ## ↓ 変更する
IPV6INIT=no


##■ 起動時にNICを有効化
ONBOOT=no
  ## ↓ 変更する
ONBOOT=yes


##■ IPアドレスを追記する (環境によって適宜、調整する)
IPADDR=192.168.56.100


##■ サブネットマスクを追記する (※ CentOS6 からは PREFIX が推奨されている)
PREFIX=24
--------------------------------------------------

##■ 保存して編集終了
:wq
[root@localhost ~]#

ネットワーク 再起動


##■ ネットワークを再起動する
[root@localhost ~]# systemctl restart network.service
[root@localhost ~]#




以上で、ネットワークの設定は完了です。
ネットワークの設定が完了すれば、SSHクライアントからの接続が可能です。
以降は、SSHクライアントからログインして、操作することを推奨します。
SSHクライアントの操作方法の説明は、ここでは省略します。



次は、"基本設定" します。

[ CentOS-7.1 基本設定 ]

0 件のコメント:

人気記事

ページ

このブログを検索