このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

CentOS-7.1/Postfix/Gmail-経由送信

[ CentOS-7.1 ] [ Postfix ]

Postfix Gmailでリレー送信

※ 外部へメールを送信する必要がある場合に、設定する。
フォームからメールの送信が必要な場合の設定です。
具体的には、OP25Bを回避する為 Postfix のリレー先を Gmail に設定する。

Gmail SMTP認証情報ファイル 作成

  • Gmailのアカウント情報が必要です。


※ 書式例
[smtp.gmail.com]:587 <Gmailのアドレス>:<Gmailのパスワード>


##■ Gmailのアカウント情報を作成する
[root@localhost ~]# vi /etc/postfix/sasl_passwd_gmail

--------------------------------------------------
[smtp.gmail.com]:587 example@gmail.com:password
--------------------------------------------------

##■ 保存して編集終了
:wq
[root@localhost ~]#

##■ 権限の変更
[root@localhost ~]# chmod 0640 /etc/postfix/sasl_passwd_gmail
[root@localhost ~]#

##■ DBファイルを更新する
[root@localhost ~]# postmap /etc/postfix/sasl_passwd_gmail
[root@localhost ~]#

Postfix 設定


##■ 設定ファイルをバックアップ
[root@localhost ~]# cp -a /etc/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf.org
[root@localhost ~]#

##■ 設定ファイルを編集する
[root@localhost ~]# vi /etc/postfix/main.cf

--------------------------------------------------
##★ 下記を最終行に追加する
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_mechanism_filter = cram-md5, plain, login
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd_gmail
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_tls_security_level = may
smtp_tls_CAfile = /etc/ssl/certs/ca-bundle.crt
--------------------------------------------------

##■ 保存して編集終了
:wq
[root@localhost ~]#

##■ 設定内容を再読み込み
[root@localhost ~]# systemctl reload postfix.service
[root@localhost ~]#

##■ または Postfix を再起動
[root@localhost ~]# systemctl restart postfix.service
[root@localhost ~]#


Postfix ]

0 件のコメント:

人気記事

ページ

このブログを検索