[ GoogleDriveバックアップ ]

バックアップファイル(GPG)の復号化

Googleドライブに保存しているファイルは暗号化(GPG)されている為、
利用しようとした場合は、復号化する必要があります。

Googleドライブからダウンロード

  1. GPGファイルをGoogleドライブからダウンロードします。
    ファイル名は、下記のように拡張子が gpg になっています。
    {日時}@{サーバーのユーザー名}@{ホスト名}@tar.gz.gpg
    
    下記のようなエラーが表示されますが、無視してダウンロードしてください。
    エラー。
    表示できるプレビューがありません。
    

ファイルをアップロード

  1. ダウンロードしたGPGファイルをLinuxサーバーにアップロードします。
    場所はどこでも良いが、なるべくドキュメントルート外に配置する方が良い。
  2. コマンドを入力します。
    # コマンド
    $ gpg -o 復号化した後のファイルのパス -d 暗号化されたGPGファイルのパス
    
    ## 入力例
    user@server:~/data> gpg -o ./example.tar.gz -d ./example.tar.gz.gpg
    gpg: 3DES encrypted data
    Enter passphrase:   # ← パスフレーズの入力を求められたら、パスフレーズを入力して [Enter]
    
    # パスフレーズの照合に失敗した場合は、このようになります。
    gpg: encrypted with 1 passphrase
    gpg: decryption failed: bad key
    user@server:~/data>
    
    # パスフレーズの照合に成功した場合は、このようになります。
    gpg: encrypted with 1 passphrase
    gpg: WARNING: message was not integrity protected
    user@server:~/data>
    
  3. example.tar.gz のファイルが作成されていれば、成功です。

あとは、この圧縮ファイルをそのままサーバーに配置したり
自身のPCにダウンロードして必要なファイルだけを取り出すなりしてください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-24 (火) 11:23:22 (1485d)