このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

さくらのVPS/メール/PostfixAdmin


[ さくらVPS/メール ]

PostfixAdmin インストール

ブラウザ上から電子メールアカウントを管理する為のPHPアプリケーションをインストール。
  • PostfixAdmin 公式サイト
    http://sourceforge.net/projects/postfixadmin/

PostfixAdmin ダウンロード


##■ admin ユーザーでログイン
[admin@www10000xx ~]$ 

##■ ディレクトリ 移動
[admin@www10000xx ~]$ cd /home/admin/public_html
[admin@www10000xx public_html]$

##■ ダウンロード
[admin@www10000xx public_html]$ wget http://downloads.sourceforge.net/project/postfixadmin/postfixadmin/postfixadmin-2.3.6/postfixadmin-2.3.6.tar.gz

~ 中略 ~

2014-MM-DD 00:00:00 (8.01 MB/s) - `postfixadmin-2.3.6.tar.gz’ へ保存完了 [1597001/1597001]

[admin@www10000xx public_html]$

PostfixAdmin インストール


##▼ ダウンロードしたファイルを解凍
[admin@www10000xx public_html]$ tar xzvf postfixadmin-2.3.6.tar.gz
[admin@www10000xx public_html]$

##▼ ディレクトリ名を変更する
[admin@www10000xx public_html]$ mv postfixadmin-2.3.6 postfixAdmin
[admin@www10000xx public_html]$

PostfixAdmin 設定ファイル 編集

設定ファイルを新規作成


[admin@www10000xx ~]$ vi /home/admin/public_html/postfixAdmin/config.local.php

--------------------------------------------------
<?php
// 設定を有効にする
$CONF['configured'] = true;

// デフォルト言語
$CONF['default_language'] = 'ja';

// PostgreSQL 接続情報
$CONF['database_type'] = 'pgsql';
$CONF['database_host'] = 'localhost';
$CONF['database_user'] = 'postfix';
$CONF['database_password'] = 'パスワード';
$CONF['database_name'] = 'postfix';

// 管理者 E-mail
$CONF['admin_email'] = 'postmaster@example.com';

// dovecot パスワード生成パス
$CONF['dovecotpw'] = "/usr/bin/doveadm pw";

$CONF['show_password'] = 'YES';

$CONF['default_aliases'] = array (
 'abuse' => 'abuse@example.com',
 'hostmaster' => 'hostmaster@example.com',
 'postmaster' => 'postmaster@example.com',
 'webmaster' => 'webmaster@example.com'
);

//ドメイン毎にパスを分ける
$CONF['domain_path'] = 'YES';

// メールボックスのディレクトリにドメインを含めない
$CONF['domain_in_mailbox'] = 'NO';

$CONF['vacation_domain'] = 'autoreply.example.com';

// 転送設定
$CONF['alias_control'] = 'YES';

$CONF['show_footer_text'] = 'YES';

$CONF['footer_text'] = 'TOP';

$CONF['footer_link'] = 'main.php';

$CONF['welcome_text'] = <<<EOM
ようこそ!メールシステムへ。

メールボックスの作成が完了しました。
EOM;


// ドメイン全体の最大エイリアス数 (デフォルト=10)
$CONF['aliases'] = '0';

// ドメイン全体の最大メールアドレス数 (デフォルト=10)
$CONF['mailboxes'] = '0';

// ドメイン全体の最大容量(MB) (デフォルト=10MB)
$CONF['maxquota'] = '0';

// quotaを使うかどうかです (デフォルト=NO)
$CONF['quota'] = 'YES';

// ? (デフォルト=NO)
$CONF['used_quotas'] = 'YES';

// dovecotのバージョンによる設定 1.2以上の場合はYES (デフォルト=NO)
$CONF['new_quota_table'] = 'YES';
--------------------------------------------------

##■ 上書き保存して編集終了
:wq
[admin@www10000xx ~]$

PostfixAdminの初期セットアップ

  1. ブラウザでページを開く
    https://webmaster.example.com/postfixadmin/setup.php
  2. 【Change setup password】の下記項目に任意のパスワードを入力し【Generate password hash】をクリックする。
    • 【Setup password】
    • 【Setup password (again)】
  3. クリック後、上図赤枠で囲まれている所にハッシュ値が表示されるので、その値を「config.local.php」に記述する。
    
    [admin@www10000xx ~]$ vi /home/admin/public_html/postfixAdmin/config.local.php
    
    --------------------------------------------------
    <?php
    ##■ <?php の下に追記する
    $CONF['setup_password'] = '856de4b86c261b946c1715723dd83255:5cc61ac39ef65283ed399d5efed27139a01339f6';
    
    ~ 以下、省略 ~
    --------------------------------------------------
    
    ##■ 上書き保存して編集終了
    :wq
    [admin@www10000xx ~]$
    

  4. 設定後、【Create superadmin account】の下記項目へ入力、【管理者追加】ボタンをクリックして「Postfix Admin」の管理者を作成する。
    • 【Setup password】 (最初に入力したハッシュ化される前のパスワードを入力)
    • 【ドメイン管理者】 (管理者のメールアドレスを入力)
    • 【パスワード】
    • 【パスワード (確認)】
  5. 「管理者を追加しました。」と表示されれば、追加完了です。

PostfixAdmin 操作方法

  • https://webmaster.example.com/postfixAdmin/ にアクセスして、ログインする。
  • 使用するドメイン・メールアドレスを作成・編集・削除が可能 (詳しい操作は省略)。

メールボックスに関して

  • メールボックスのディレクトリ(/home/vmail/vhosts/[ドメイン名]/[ユーザー名])は下記のタイミングで作成されます。
    • メールサーバーにログイン。
    • メールボックスにデータが届けられる。
  • PostfixAdmin で、ドメイン・メールアドレスを削除してもメールボックスのディレクトリは残ります。
    データを完全に削除する場合は、タイミングを見計らいながら適宜、手動で削除する。

0 件のコメント:

人気記事

ページ

このブログを検索