このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

CentOS-7.6のインストール準備、VirtualBoxの仮想マシン作成・設定

[CentOS-7.6]

CentOS-7.6 のインストールの前準備として、VirtualBox(バーチャルボックス)の作成と設定をおこなっていきます。

まず、VirtualBox(バーチャルボックス)の仮想マシンを作成して、設定をおこないます。

VirtualBox(バーチャルボックス) は、インストール済として、解説していきます。
バージョンは、VirtualBox 5.2 で解説しています。


仮想マシンを作成

VirtualBox を起動して、CentOS-7.6用の仮想マシンを新規作成します。
「Oracle VM VirtualBox マネージャー」の画面が表示されます。

左上にある【新規(N)】をクリックします。



仮想マシンの作成

仮想マシンの作成画面になります。

作成には、「ガイド付きモード」と「エキスパートモード」があります。
画面一番下の左のボタンが、【ガイド付きモード(G)】が表示されていることを確認してください。
【エキスパートモード(E)】が表示されている場合は、【エキスパートモード(E)】のボタンをクリックしてください。

【ガイド付きモード(G)】が表示されている場合場合は、【エキスパートモード(E)】になっているので、そのままで良いです。

それでは、入力していきます。

  1. 【名前】の入力
    名前に仮想マシンの名前を入力します。
    ここでは、CentOS-7.6_64bit と入力しました。
    ご自身の好きなように名前を設定してください。後から変更可能です。

    名前(N):CentOS-7.6_64bit
     
  2. 【タイプ】と【バージョン】
    名前を入力すると、タイプとバージョンが自動でセットされます。

    タイプ(T):Linuxバージョン(V):Red Hat (64-bit)
     
  3. メモリーサイズ
    1024 MBで設定しました。ご自身の環境によって調整してください。
    後からでも変更は可能です。

    メモリーサイズ(M):1024
     
  4. 仮想ハードディスクの作成
    デフォルトのままでOKです。
    「仮想ハードディスクを作成する(C)」を選択になっていることを確認します。

    ハードディスク:仮想ハードディスクを作成する(C)

作成】ボタンをクリックします。



仮想ハードディスクの作成

仮想ハードディスクの作成の画面になります。

  1. ファイルの場所(L)
    デフォルトでは、自動でセットされていると思います。

    ファイルの場所(L):CentOS-7.6_64bit
     
  2. ファイルサイズ(S)
    ここでは、50GB にしましたが、実際に50GBの容量で作成される訳ではありません。下記で設定している【物理ハードディスクにあるストレージ】で可変サイズを設定すれば、インストールされた内容に応じて容量が変動します。
    可変サイズに設定しておけば、今回インストールした直後は、1GBくらいの容量になります。

    ファイルサイズ(S):50.00GB
     
  3. ハードディスクのファイルタイプ(T)
    デフォルトのままでOKです。

    VDI (VirtualBox Disk Image)」にチェックが入っていることを確認します。
     
  4. 物理ハードディスクにあるストレージ
    デフォルトのままでOKです。

    可変サイズ(D)」にチェックが入っていることを確認します。



これで、仮想マシンの作成は完了しました。

仮想マシンを作成しただけでは、少し設定が不十分な為、その他の設定をおこなっていきます。


仮想マシンの設定

「Oracle VM VirtualBox マネージャー」の画面から
左上にある【設定(S)】をクリックします。



ストレージの設定

設定画面が開きますので、ストレージを設定していきます。

  1. ストレージを選択
    左にある【ストレージ】をクリックします。
     
  2. ストレージデバイスを選択
    ストレージデバイス(S) 】の【コントローラー:IDE】の【空】をクリックします。
     
  3. 属性の設定
    右にある【属性】にあるィスクのアイコンをクリックします。
    すると新しく選択画面が開きます。
     
  4. 仮想光学ディスクファイルを選択
    右端にある【仮想光学ディスクファイルを選択...】をクリックします。
    光学ディスクのファイルを選択する画面が表示されますので、上記でダウンロードした CentOSのISOファイル「CentOS-7-x86_64-Minimal-1810.iso」を選択します。


  5. 光学ドライブのセット完了
    光学ディスクのファイルを選択すると
    【ストレージデバイス(S) 】の【コントローラー:IDE】に先程選択したCentOSのISOファイルがセットされているはずです。


次に続けて、ネットワークの設定をしますので、【OK】ボタンは押さないでください。
押してしまった場合は、この画面に戻ってきてください。

ネットワークの設定

ネットワークを設定していきます。
ホストOSからの接続のみを許可する設定にしますので、IPアドレスは、「192.168.56.250」になります。

  1. ネットワークを選択
    左にある【ネットワーク】をクリックします。
     
  2. アダプターの設定
    アダプター2 】のタブをクリックします。
     
  3. ネットワークアダプターの設定
    ネットワークアダプターを有効化(E)】のチェックボックスにチェックを入れます。
     
  4. ホストオンリーアダプターの設定
    【割り当て(A)】に【ホストオンリーアダプター】を選択します。
     

  5. ネットワークの設定完了
    ホストオンリーアダプターを選択すると、下記のようになります。


ネットワークの設定が完了したら、【OK】ボタンを押します。
これで、CentOS-7.6 のインストールに最低限必要な設定は完了しました。


以上、VirtualBox(バーチャルボックス)の仮想マシンの作成と設定でした。
これで、CentOS-7.6をインストールする準備が整いました。
CentOS-7.6をインストールするには、下記リンクから続きのページに移動してください。


CentOS-7.6をインストールするページへ進む
[VirtualBox-5.2の仮想マシンにCentOS-7.6をインストール]


[CentOS-7.6]



0 件のコメント:

人気記事

ページ

ブログ内を検索