このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

CentOS-5/インストール

[ CentOS ] [ CentOS 5.1 ダウンロード ]

はじめに

CentOS5 は、執筆時点での最新バージョン5.1で説明しています。

CentOS 5.1 インストール

  • BIOSの設定で First Boot Drive が、CDドライブ又はDVDドライブになるように設定して下さい。
  • インストール時の画面をプリントスクリーンする場合は、[Shift]ボタン + [PrintScreen]ボタンを押すと、/root/anaconda-screenshots ディレクトリ配下にPNG保存されます。

1. CentOS5のCDをセット

CentOS5.1 のインストールCD(1枚目)を、CDドライブにセットして電源を入れる、または再起動する。

2. CentOS5.1 インストール実行



何も入力せずに、[Enter]キーを押す(GUIインストール)。
  • 補足 CUIインストールの場合は、linux text と入力後 [Enter]キーを押下

3. CDメディアのチェック



[Skip]を選択して、[Enter]キーを押下
キーボードのみを使う場合、[Tab]キーで移動します。
  • 補足 インストール・ディスクのチェックをしたい場合は [OK]選択、[Enter]キーを押下

4. CentOSグラフィカルインストーラ起動


  1. [Next]をクリック

5. 言語選択


  1. Japanese(日本語)を選択
  2. [Next]をクリック

6. キーボード設定


  1. 日本語を選択
  2. [次(N)]をクリック

7. インストール方法選択

※ 既にCentOSがインストールされている場合のみ表示される


  1. [インストール]を選択
  2. [次(N)]をクリック

8. ディスクパーティション設定



  1. 「選択したドライブ上のすべてのパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成します。」を選択
  2. [次(N)]をクリック

9. 警告メッセージ



  1. [はい(Y)]をクリック

10. ネットワークの設定



  1. ネットワークデバイス(ここでは eth0 )を選択
  2. [編集(E)]をクリック

インターフェイス eth0 を編集



  1. 「Enable IPv4 support」にある「Manual configuration」を選択
  2. IP Address項目にIPアドレスを入力します。
  3. Prefix(Netmask)項目にネットマスクを入力します。
  4. 「Enable IPv6 support」のチェックを外して、IPv6は無効にします。
  5. [OK(O)]をクリック

ホスト名、ゲートウェイ、DNS設定



ネットワークの設定画面に戻ったら
  1. 「ホスト名」にサーバーのホスト名(例:www.example.jp)を入力
  2. 「ゲートウェイ」にルーターのプライベートIPアドレス(例:192.168.1.1)を入力
  3. 「1番目のDNS」にルーターのプライベートIPアドレス(例:192.168.1.1)を入力
  4. [次(N)]をクリック

  • 【 設定例 】
    • IPアドレス: 192.168.1.200
    • ネットマスク: 255.255.255.0
    • ホスト名: www.example.jp
    • ゲートウェイ: 192.168.1.1
    • 1番目の DNS(P): 192.168.1.1

11. タイムゾーンの選択



  1. 「アジア/東京」を選択
  2. 「システムクロックでUTCを使用」のチェックを外します
  3. [次(N)]をクリック

12. rootパスワードを設定



  1. Rootパスワード(P): xxxxxxxxxx 入力 確認(C): xxxxxxxxxx 入力
  2. [次(N)]をクリック

13. インストールパッケージの選択



  1. 「Desktop - Gnome」のチェックを外す
  2. 「今すぐカスタマイズする」を選択
  3. [次(N)]をクリック

「デスクトップ環境」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「デスクトップ環境」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の全てのチェックを外す

「アプリケーション」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「アプリケーション」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の全てのチェックを外す

「開発」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「開発」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の「開発ツール」のみチェックを入れて、他は全てチェックを外す

「サーバー」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「サーバー」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の全てのチェックを外す

「ベースシステム」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「ベースシステム」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の「ベース」のみ選択して他は全てチェックを外す
  3. 「オプションパッケージ(O)」をクリック

「ベース」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 「firstboot-tul」のチェックを外す
  2. [閉じる(O)]をクリック

「仮想化」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「仮想化」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の全てのチェックを外す

「クラスタリング」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「クラスタリング」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の全てのチェックを外す

「クラスタストレージ」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「クラスタストレージ」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の全てのチェックを外す

「言語」パッケージグループのインストールパッケージ選択



  1. 左欄の「言語」パッケージグループのインストールパッケージを選択
  2. 右欄の「日本語のサポート」のみ選択して、他は全てチェックを外す
  3. [次(N)]をクリック

14. インストール準備完了



  1. [次(N)]をクリック

15. 必要なインストールメディア



  1. 必要なCD番号が表示さます。
  2. [続行(C)]をクリック

16. パッケージのインストール

インストールが開始されます。

インストールディスク2 挿入



  1. 2枚目のディスクを挿入
  2. [OK(O)]をクリック

インストールディスク3 挿入



  1. 3枚目のディスクを挿入
  2. [OK(O)]をクリック

インストールディスク4 挿入



  1. 4枚目のディスクを挿入
  2. [OK(O)]をクリック

17. インストール完了



インストールが終わったらCDを抜いて[再起動(T)]をクリック
これでCentOSのインストールは終了です。
再起動が完了すると ホスト login: _ の画面が出てきます。
  • インストール時の履歴保存ファイル → /root/anaconda-ks.cfg
  • yumインストールの履歴保存ファイル → /var/log/yum.log

続いて初期設定 → CentOS5/初期設定

0 件のコメント:

人気記事

アーカイブ

ページ

このブログを検索