このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

CentOS-5/qmail+vpopmail/qmqilインストール

[ qmail ]

インストールに必要なユーザ、グループを作成する


[root@linux ~]# mkdir /var/qmail ←■ qmail インストールディレクトリ作成
[root@linux ~]# groupadd nofiles ←■ nofiles グループ作成
[root@linux ~]# groupadd qmail ←■ qmail グループ作成
[root@linux ~]# useradd -g nofiles -s /sbin/nologin -u 490 alias -m -d /var/qmail/alias -k /dev/null ←■ alias ユーザ作成
[root@linux ~]# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -u 491 -M qmaild ←■ qmaild ユーザ作成
[root@linux ~]# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -u 492 -M qmaill ←■ qmaill ユーザ作成
[root@linux ~]# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -u 493 -M qmailp ←■ qmailp ユーザ作成
[root@linux ~]# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -u 494 -M qmailq ←■ qmailq ユーザ作成
[root@linux ~]# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -u 495 -M qmailr ←■ qmailr ユーザ作成
[root@linux ~]# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -u 496 -M qmails ←■ qmails ユーザ作成

ダウンロード


[user@linux qmail]$ wget ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/qmail-1.03.tar.gz ←■ qmailダウンロード
※ wgetが固まってダウンロードできない場合は下記手順でダウンロード
[user@linux qmail]$ wget --no-passive-ftp ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/qmail-1.03.tar.gz ←■ qmailダウンロード
[user@linux qmail]$ wget http://www.itheart.com/phpgw/qmail-date-localtime.patch ←■ 日本標準時間対応パッチダウンロード
[user@linux qmail]$ wget http://members.elysium.pl/brush/qmail-smtpd-auth/dist/qmail-smtpd-auth-0.31.tar.gz ←■ SMTP-Auth対応パッチダウンロード
[user@linux qmail]$ wget http://qmail.mirrors.summersault.com/qmail-smtpd-relay-reject ←■ 不正中継拒否対応パッチダウンロード
[user@linux qmail]$ wget http://www.qmail.org/moni.csi.hu/pub/glibc-2.3.1/qmail-1.03.errno.patch ←■ エラー対策patchダウンロード
[user@linux qmail]$ wget http://tomclegg.net/qmail/qmail-remote-auth.patch ←■ 外部SMTP-Auth対応パッチダウンロード

qmail インストール


[user@linux qmail]$ tar zxvf qmail-1.03.tar.gz ←■ qmail展開

[user@linux qmail]$ tar zxvf qmail-smtpd-auth-0.31.tar.gz ←■ SMTP-Auth対応パッチ展開
[user@linux qmail]$ mv qmail-smtpd-auth-0.31/* ./qmail-1.03/ ←■ SMTP-Auth対応パッチをqmail展開先ディレクトリへ移動

[user@linux]$ cd qmail-1.03 ←■ qmail展開先ディレクトリへ移動
[user@linux qmail-1.03]$ patch -p1 < ../qmail-date-localtime.patch ←■ 日本標準時間対応パッチ施行

[user@linux qmail-1.03]$ patch < auth.patch ←■ SMTP-Auth対応パッチ施行
patching file Makefile
patching file TARGETS
patching file qmail-smtpd.8
patching file qmail-smtpd.c

[user@linux qmail-1.03]$ patch < ../qmail-remote-auth.patch ←■ 外部SMTP-Auth対応パッチ施行
patching file qmail-remote.c
patching file Makefile
Hunk #1 succeeded at 1441 (offset -4 lines).

[user@linux qmail-1.03]$ patch < ../qmail-smtpd-relay-reject ←■ 不正中継拒否対応パッチ施行
patching file qmail-smtpd.c
Hunk #1 succeeded at 56 (offset 3 lines).
Hunk #2 succeeded at 226 (offset 9 lines).
Hunk #3 succeeded at 277 (offset 11 lines).

[user@linux qmail-1.03]$ patch < ../qmail-1.03.errno.patch ←■ エラー発生対策 error.h をパッチ施行
 
[root@linux qmail-1.03]# su - ←■ root権限になる
[root@linux qmail-1.03]# cd /home/user/qmail/qmail-1.03 ←■ ディレクトリ移動
[root@linux qmail-1.03]# make setup check ←■ qmailインストール

~ 中略 ~

./install
./instcheck
[root@linux qmail-1.03]#

error.h ファイルを直接編集する場合


[user@linux qmail-1.03]$ vi error.h ←■ error.h直接編集する場合
extern int errno;
  ↓■ 変更(書き換える)
#include<errno.h>
[user@linux qmail-1.03]$

qmail-remote-auth だけインストールする場合

qmail-remote-auth(外部SMTP-Auth対応パッチ)だけを後からインストールする場合


[root@linux qmail-1.03]# ls /var/qmail/bin/qmail-remote ←■ qmail-remotetの存在確認
[root@linux qmail-1.03]# patch < ../qmail-remote-auth.patch ←■ 外部SMTP-Auth対応パッチ施行
patching file qmail-remote.c
patching file Makefile
Hunk #1 succeeded at 1441 (offset -4 lines).

[root@linux qmail-1.03]# make qmail-remote ←■ qmail-remoteのみコンパイル

[root@linux qmail-1.03]# install -m 711 qmail-remote /var/qmail/bin/qmail-remote ←■ qmail-remoteのみインストール

qmail 設定ファイルの作成

/var/qmail/control 内にqmailの制御ファイルが作成されます。

[root@linux ~]# cd ***/qmail-1.03/ ←■ qmail 展開先ディレクトリへ移動
[root@linux qmail-1.03]# ./config-fast `hostname -d`
Your fully qualified host name is example.com.
Putting hitsujigumi into control/me...
Putting hitsujigumi into control/defaultdomain...
Putting hitsujigumi into control/plusdomain...
Putting hitsujigumi into control/locals...
Putting hitsujigumi into control/rcpthosts...
Now qmail will refuse to accept SMTP messages except to example.com.
Make sure to change rcpthosts if you add hosts to locals or virtualdomains!
[root@linux qmail-1.03]#

※ 注意 /var/qmail/control/me 内に、localhost を入れるとLogwatchからのメールが届かない。

マニュアルを参照できるようにする


[root@linux qmail-1.03]# cd ←■ qmail展開先ディレクトリを抜ける

[root@linux]# echo "MANPATH /var/qmail/man" >> /etc/man.config ←■ manコマンドでqmailコマンドのマニュアルを参照できるようにする

tcsh インストール

tcsh は、UNIX系のシェルの一つ

[root@linux ~]# yum list | grep tcsh ←■ インストール確認
** Message: sqlite cache needs updating, reading in metadata
tcsh.i386                                6.14-12.el5            installed ←■ インストール済
[root@linux ~]#
[root@linux ~]# yum -y install tcsh ←■ cシェルインストール

OP25B(Outbound Port 25 Blocking)対策

  • SMTPサーバ名 = プロバイダのSMTPサーバ名
  • ユーザー名 = プロバイダのメールアカウント名
  • パスワード = プロバイダのメールパスワード

設定例1 SMTPサーバ名のみ


[root@linux ~]# echo ":SMTPサーバ名" > /var/qmail/control/smtproutes ←■ SMTP認証情報設定

[root@linux ~]# echo ":smtp.nifty.com" > /var/qmail/control/smtproutes ←■ 設定例

設定例2 SMTPサーバ名 + 認証情報


[root@linux ~]# echo ":SMTPサーバ名 ユーザー名 パスワード" > /var/qmail/control/smtproutes ←■ SMTP認証情報設定

[root@linux ~]# echo ":smtp.nifty.com user password" > /var/qmail/control/smtproutes ←■ 設定例

設定例3 SMTPサーバ名 + ポート番号 + 認証情報


[root@linux ~]# echo ":SMTPサーバ名:587 ユーザー名 パスワード" > /var/qmail/control/smtproutes ←■ SMTP認証情報設定

[root@linux ~]# echo ":smtp.nifty.com:587 user password" > /var/qmail/control/smtproutes ←■ 設定例

※ 直接編集する場合


[root@linux ~]# vi /var/qmail/control/smtproutes
:SMTPサーバ名:587 ユーザー名 パスワード
:smtp.nifty.com:587 user@nifty.com Password ←■ 例
[root@linux ~]# 保存する

ポート:587の設定確認


[root@linux ~]# less /etc/services
submission      587/tcp         msa             # mail message submission
submission      587/udp         msa             # mail message submission



※ インストールの続き → vpopmail インストール

0 件のコメント:

人気記事

アーカイブ

ページ

このブログを検索