このWebサイト ひつじ帳 は、管理者がWEB関連の技術をまとめた備忘録サイトです。 Linux,CentOS,PHP,MySQL,Blogger,JavaScript,CSS について記録しています。

CentOS-5/rpmforgeリポジトリ

rpmforgeリポジトリ インストール

最新版の確認 → http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/

rpmforgeリポジトリ の確認


[user@linux ~]# yum list | grep rpmforge-release ←■ yumコマンドでインストール確認
rpmforge-release.i386                    0.3.6-1.el5.rf         installed ←■ インストール済み
[user@linux ~]
[user@linux ~]$ rpm -qa | grep rpmforge-release ←■ rpmコマンドでインストール確認
rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf ←■ インストール済み
[user@linux ~]$

rpmforgeリポジトリ のインストール

※ インストールされていない場合、インストールする

[user@linux ~]$ wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm ←■ rpmforgeリポジトリダウンロード
[user@linux ~]$

[root@linux ~]# su - ←■ root権限になる
[root@linux ~]# rpm -Uvh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm ←■ rpmforgeリポジトリインストール
[root@linux ~]# rm -f rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm ←■ rpmforgeリポジトリ削除(必要ない場合)
[root@linux ~]#

[root@linux ~]# sed -i 's/enabled = 1/enabled = 0/g' /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo ←■ 基本リポジトリとのパッケージ競合を避けるため、デフォルトは無効にしておく
[root@linux ~]#

vi で直接ファイル編集して基本リポジトリのデフォルト無効化する場合


[root@linux ~]# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
# Name: RPMforge RPM Repository for Red Hat Enterprise 5 - dag
# URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = Red Hat Enterprise $releasever - RPMforge.net - dag
#baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/dag
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0 ←■ enabled = 1 になっている場合は、 enabled = 0 にする
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

:wq    # 保存して閉じる
[root@linux ~]#

0 件のコメント:

人気記事

アーカイブ

ページ

このブログを検索